東京オリンピックはニートの就職に追い風

2014.01.27

コメントは受け付けていません。

記事中ヘッダー画像NEW

 2020年に東京でオリンピックが開催されることが決定し、建設業界は東日本大震災の復興事業と大型の公共事業に加えていよいよ深刻な労働者不足に悩んでいます。

 さらに建設業界の労働者のうち約3割が55歳以上の高齢者で、若い人材が不足している現状が報告されています。

労働者不足に悩んでいる建設業界

 政府ではそのため2020年の東京オリンピックおよびパラリンピックに向けて、建設業界の労働者不足に対応するために外国人労働者の受け入れの拡大を検討する関係閣僚会議を開きました。

 会議では東京オリンピックの関連施設の整備を遅らせることなく期間内に確実に遂行するために、人手不足の解消のために現在は最長3年間に限って外国人を受け入れている技能実習制度の期間を延長することを検討しています。さらに外国人の建設労働者の受け入れ拡大に向けた具体策を考え、2014年度中には目途をつけ案をとりまとめる方針です。

 引きこもりなどをしていたニートの方が、正社員として就職することは決して簡単なことではありません。最近ではハローワークやジョブカフェなどでも、ニートの方が就職することを支援しています。

 ただ支援するといっても求人の案内をするだけでは、世間との関わりを長い期間に渡って断ってきたニートの方には、以前として就職へのハードルは高いままです。

 そこでお勧めなのがニートの方の、就職を支援している就職サイトの存在です。さまざまな就職サイトがウェブ上にはありますが、特にお勧めなのが専任の担当者が付く就職支援サービスです。

 今であれば建設業界は、どこも若い労働者を求めています。面接でやる気さえ示せば、未経験者でも職種によっては正社員として就職すること可能です。就職支援サービスの専任の担当者が、あなたに代わって応募書類の書き方から面接での注意点まで全て無料で行ってくれます。

関連記事

コメントは利用できません。

特集記事



ニュース&コラム




ページ上部へ戻る