就職を目指したいニートの方へおすすめの求人サイト紹介です。ニートだからといって正社員になれないことはありません。就職ガイドもありますので、参考にして下さい。

ニートの就職希望者が行う5つの流れ

 就職活動は、やる気だけでは成立しないもの。正社員になることができるのは、やる気を持ち、プラス就職活動の本質や方法を知っている人なのです。

 是非、そうした人になりましょう。就職活動の本質や方法に繋がる基本の考え方をまずは頭に入れておいてください。
 

やる気と自分の特徴を確認しよう

 やる気があることを確認したら、次は自分の特徴を確認しておきましょう。

 長所はもちろん短所や欠点、特技や興味を持っている事柄、気になること、夢、目標、身に付けたい知識や技術などを確認。

 また、就職活動期間の目安を設定し、大まかなスケジュールを作っておいてください。
 

求人情報のチェックポイント

 求人情報を集める時には、求人のチェックポイントを押さえておくこと。

 給与は幾らか、勤務地はどこか、試用期間はあるのか、研修制度は充実しているか、仕事内容は明確か、こうした項目をチェックした上で、それらが自分の考えや特徴などと合っているかを確認していきましょう。
 

応募書類はなるべく空欄を埋める

 ニートが応募書類を書く上で気を付けたいことは、空欄です。これがあると人事担当者はあまり良い印象を抱きません。

 一生懸命埋めること、もしくは埋められる項目がある形式の履歴書を選ぶこと。志望動機などは企業の特徴を掴んでから書くようにすれば、働く意欲はあると捉えてもらうことができるでしょう。
 

面接での受け答えの対策

 履歴書には特にニートについては触れなくても構いませんが、面接ではそれを避けることはできないでしょう。

 その時間をどのように使い、それによってどんな感情や知識、技術の変化があったかなどを伝えられるようにしておいてください。ここでも企業の特徴を掴んでおくことで、意欲を伝えることができるはずです。
 

入社に向けた準備をしよう

 入社に向けては、企業研究や業界研究、書類上の手続きや身の回りの整理など、さまざまな準備が待っています。

 これら必要な準備や用意しておくものなどと最初にリストアップしておくと、混乱せずに済むでしょう。いつの間にか入社日、なんてことがないようにしなければなりません。
 

特集記事



ニュース&コラム




ページ上部へ戻る